糖尿病患者はブドウ糖を薬局でもらってはいけない説

こんにちは。約2年ぶりの更新です。

以前書いたブドウ糖の記事につきまして、薬剤師さんや医療関係者の方からいろんなコメントをいただきました。

インスリン注射をしている糖尿病さんに欠かせないアイテム。 それはブドウ糖です。 多くの1型糖尿病さんはブドウ糖を持ち歩い...
スポンサーリンク

ブドウ糖は無料でもらえる?もらっちゃいけない?

aグルコシターゼ阻害薬を使用している人はブドウ糖でないと血糖が上がらない。

・糖尿病はブドウ糖じゃなくても血糖が上がるのに、なぜ糖尿病患者が無料でもらっているのか?

・ブドウ糖はaグルコシターゼ阻害薬販売メーカーが患者用に配布している。

・決して1型糖尿病患者用ではない。

こんなご意見を頂きました。まず、aグルコシターゼ阻害薬という薬の存在とその患者さんがいることを知りませんでした。とはいえ、不特定多数の方の目に触れる場所で、薬局では無料でブドウ糖もらえるよ!という記事を書いてしまったこと、更新・訂正が遅れてしまったことにお詫びいたします。

薬剤師さん(読者)からのコメント

『近いうちにブドウ糖の配布量は厳しくなり、aグルコシターゼ阻害薬使用の本当にブドウ糖が必要な方にお渡しができなくなります。ですので本来ブドウ糖が必要でない方(インスリン患者様)はなるべく購入されるなどの行為をお願いいたします』

医療関係者さん(読者)からのコメント

『ブドウ糖は、インスリン患者のための無料のものではありません。田舎ではブドウ糖を薬のメーカーに頼んでも当日に入りません。その間にブドウ糖でないと症状が改善しない方が倒れました。(幸い軽度でありブドウ糖が多いドリンクを購入できたそうです)

インスリン患者にブドウ糖を渡すということは、本当に必要な方に行き渡らず、必要な方に低血糖を引き起こさせる危険性が高い行動だということを理解してください。

インスリン患者にブドウ糖を飲むなと言っているのではありません。

ただ薬局にあるブドウ糖は、必要としている方のものだと言う事は理解してください。

他の方のコメント

薬局で糖尿病患者にブドウ糖くださいと言われても、薬局側が『インスリン患者にはあげれないんです』って周知徹底すれば良いのでは?

薬局ではもらえるけど、糖尿病患者は遠慮しよう

私は1型糖尿病になってから何度か昏睡に至る低血糖を経験しました。そのときもブドウ糖が頼りでした。なので、ブドウ糖が必要なのはインスリン使用の糖尿病患者も、阻害薬使用の患者も同じです。

ただ、薬局の窓口で堂々とブドウ糖をもらうのは遠慮しましょう。

記事の更新までの二年経ちましたが、相変わらず薬局では『ブドウ糖ありますか?大丈夫ですか?』と薬剤師さんに聞かれます。

私は現在東京住まいですが、福島でも、東京に来てからも同じでした。

この声かけがある限り、きちんとお断りする方は少なくならないと思うんです。

コメントでもあるように、薬局や病院での周知が必要かと思います。私も今回のご意見聞くまで知らなかったので。

今後はきちんと、aグルコシターゼ阻害薬使用の方の手元にきちんと届くといいなと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク