ブドウ糖とグルコレスキューを比べてみました

インスリン注射をしている糖尿病さんに欠かせないアイテム。

それはブドウ糖です。

DSC_6537

多くの1型糖尿病さんはブドウ糖を持ち歩いています。

それは低血糖を起こす恐れがある為です。

去年の12月25日、私は低血糖で意識不明になり 救急車で運ばれてしまいました。 そのときのことを思い出してみます。 児...

たいていは自分で低血糖に気がつき、ジュースを飲んだり、飴をなめたり、

とにかく糖分を摂取します。低血糖が進みすぎると、低血糖昏睡になり

意識不明になってしまいます。最悪、命に関わります。

そうならないために、何かしら甘いものを持ち歩いています。

スポンサーリンク

ブドウ糖は買わなくても薬局や病院でもらえます

インスリン注射をしていると、薬局や病院から無償でブドウ糖がもらえます。

以前、薬剤師さんになぜブドウ糖はタダで頂けるのか聞いたところ、

ブドウ糖を医療機関に配布しているのはインスリンを作っている製薬会社で、

自分たちは血糖値を下げる薬を作っている会社なので、低血糖の時に役に立てるように

ブドウ糖は無償にしている、のだそうです。

ええ話しあ…(´;ω;`)

ありがたいですよね。

ブドウ糖はぶどうじゃない🍇

ブドウ糖は、フルーツのぶどうとは関係ありません🍇

果糖などを含む、単糖類の中のひとつです。フルーツには果糖が含まれています。

ごはんやパンなどの炭水化物も、体に入れば最終的にはブドウ糖になり吸収されます。

ブドウ糖は糖そのものなので、血糖値を最速で上昇させます。低血糖時には約10グラムの

ブドウ糖の摂取が必要とされています。

粉末タイプ

DSC_6538

これは昔からある、粉末タイプ。細かい粉状です。

いいところ

・吸収が早い

・無料

・長期間保管可能

残念なところ

・水分が必要

・粉の量が多い

・開封したら量の調節が出来ない

・こぼすと粉だらけになる

・おいしくない

固形タイプ

16-02-01-10-20-15-996_deco

粉末タイプのだいぶ後に出会った固形タイプです。

開けるとラムネみたいなのが二個入っています。

いいところ

・無料

・携帯しやすい

・一個ずつ調整できる

・長期間保管可能

残念なところ

・一度に10グラム摂取するには4粒必要

・緊急時でも噛み砕かないといけない

・おいしくない

ブドウ糖はおいしくない

どちらも良い点悪い点はありますが、共通点はおいしくないこと。ただの糖なので、香料や味付けがされていません。私たちにとっては薬みたいなものですが、緊急時でも美味しく感じるとか、また摂取したい味かどうかというのは重要だと思います。(危険な低血糖の時は味がどうとか言ってられませんが)ブドウ糖が美味しいものでないと、緊急性があるのにも関わらず※市販のお菓子や甘いものに手が伸びてしまい、血糖値の上昇が遅れて回復も遅くなる、といったことも起こりかねません。私も、ブドウ糖は美味しくないので、よほど緊急性がないときでないと、ブドウ糖に手は伸ばしません。。

※市販のお菓子や甘いもの=クッキーやビスケットなど市販のお菓子には炭水化物も多く含まれているが、脂肪分も多いので消化・吸収・血糖値の上昇に時間がかかる。その分、血糖値の持続性があるので低血糖を未然に防ぐための捕食に向いている。

グルコレスキューを買ってみました

_IGP6521

1型糖尿病歴21年の私ですが、グルカゴンもグルコレスキューも持っていませんでした。

※グルカゴンは血糖値を上げるホルモン(または注射)です。

通販サイトで見つけたので、憧れの( *´艸`)グルコレスキューをポチッとしました。

_IGP6533

1箱に5袋入りです。(25g×5袋)

摂取しやすいゼリー状

_IGP6536

開封してみると、プルプルとしたゼリー状です。

片手で握って絞りだします。

10秒どころか5秒でチャージできそうです。

DSC_6540

とにかくおいしい!

撮影中にちょうど低血糖気味になったので味見してみると、レビュー通りバニラのような、

ヨーグルトのような風味。好みはがあると思いますが、私はとてもおいしく感じました。

夫にも味見させましたが、うまい。と言っていました。

一本あたり82円

ひと箱410円÷5本=82円。通販の場合、送料を考えるとまとめ買いした方が良さそうです。決して安くはないですね。

どこで買えるの?

私はココカラファインネットという健康通販サイトのアマゾン支店から買いました。

_IGP6526

同封されていた健康情報のチラシ。さすが健康通販サイトですね。

管理栄養士さんのヘルシーレシピも載っていて、嬉しくなりました( *´艸`)

_IGP6529

薬剤師さんによる健康情報も載っていて、とても良い印象を受けます。

次も利用しようかなという気持ちになりますよね。

グルコレスキューのまとめ

★いいところ

・おいしい

・飲みやすい

・吸収が早い

・常温保存できる(賞味期限は約9か月)

・携帯しやすい

惜しいところ

・市販されていない(ドラッグストアなどで)

・ちょっと高い

他のブドウ糖製品に比べると、良い点ばかりです。個人的には、人目があるところ、

病気のことを知っている人がいたとしても、いきなりお菓子や飴を開ける雰囲気ではない

場面のとき、見た目が薬っぽいので人の目が気にならないと思います。

あまり頻繁にお世話になるべきではないものですが、お守り代わりに持ち歩こうと思います。

粉末・固形タイプのブドウ糖の在庫もたくさんあるので、今後も臨機応変に使っていきたいです。

以上、グルコレスキューのレビューでした。

ではまた(^^)/

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがり薬剤師2 より:

    通りすがりの薬剤師さんではありません、別の通りすがりの薬剤師です。aグルコシダーゼ阻害薬は糖尿病に用いるお薬です。かなり端折って説明します。ご飯を食べると体の中で糖分がαグルコシダーゼという酵素によって分解されて単糖(ブドウ糖など)になり、それが小腸で吸収されて血糖値があがります。aグルコシダーゼ阻害薬はその名の通り、糖分を分解する酵素を阻害することで、食後の血糖値の上昇を抑えます。もし、これを飲んでいて低血糖になってしまった際に、単糖(ブドウ糖)以外の糖分を摂取しても、吸収されないため一向に血糖値があがらないのです。なのでaグルコシダーゼ阻害薬使用時の低血糖レスキューは「ブドウ糖でないとダメ」なのですね。逆に言うと、インスリン等で生じた低血糖は、理論上はブドウ糖でなくても対応可能なわけです。医療機関は従来、ブドウ糖をいくらでもメーカーからタダでもらえていたので、何も考えずに糖尿病患者さんにブドウ糖をどんどん渡してました。しかし後発メーカーも増えて、薬の価格も安くなって儲からなくなったメーカーが、提供を適正に行う(出し渋る)ようになってしまったため、医療機関側も困っている次第でございます。本来渡すべきでない患者さんに何も考えずに渡していたという自業自得なのですがね。。。

  2. のびチャン より:

    こんにちは、私の通院している病院では、グルコレスキューが売店で、378円で売っているのでよく購入しています。
    それと、私がよく行く薬局の薬剤師さんが、すこーし低血糖の時は、グッピーラムネが良いよ‼︎と教えてくれたので、毎日、グッピーラムネ持ち歩いています。試してみて下さい。

  3. 怒り肩 より:

    Ⅰ型の皆さん、頑張りましょう!

    • さよ さよ より:

      怒り肩さん、こんにちは(^ω^)
      ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
      怒り肩さんも1型さんでしょうか?
      1型糖尿病、頑張りましょう!

      また覗きに来てくださいね。

  4. 通りすがりの薬剤師 より:

    記事を拝見致しました。最近ブドウ糖の件で起こっている事実を知って頂きたくコメントさせて頂きます。実はインスリンメーカーはブドウ糖を配布しておりません。ブドウ糖はαグルコシダーゼ阻害薬服用の患者様用にαグルコシダーゼ阻害薬販売メーカーが配布しております。しかし最近αグルコシダーゼ阻害薬服用患者様以外がブドウ糖を貰うということでブドウ糖配布量が膨大になっており配布量の調整がはじまっております。近いうちに配布量はかなりシビアになり、αグルコシダーゼ阻害薬服用で本当にブドウ糖が必要な患者様にもお渡しが出来なくなります。ですので本来ブドウ糖摂取が必要でない方(インスリン患者様)はなるべくご購入されるなどの行為をお願い致します。大変心苦しいのですが皆様のご協力がないと無償配布のシステムが終焉してしまいます。最後まで読んで頂きありがとうございます。

    • さよ さよ より:

      通りすがりの薬剤師さん、こんにちは。
      この度は貴重なコメントをありがとうございます。

      aグルコシダーゼ阻害薬服用の患者さんのためのブドウ糖だったとは、初耳でした。私も病歴20年になりますが、どの薬局でも『まだブドウ糖ありますか?持っていきますか?』と聞いてくださることが多かったので、ブドウ糖は無料で頂けることが当たり前でした。そんな1型糖尿病の人がほとんどだと思います。そこでご相談ですが、このコメント内容のことをブログの記事にさせて頂いてもよろしいでしょうか?今回通りすがりの薬剤師さんから大切な情報を頂いたので、他の1型糖尿病の人にも、正しい理解と協力を広めていきたいです。

      また、恐れ入りますがaグルコシダーゼ阻害薬が必要な患者さんとはどのような病気、症状の方なのか教えて頂けますか?ネットで調べることは簡単ですが、医療に携われている方の説明をお聞きしたいです。

      コメント返信が遅くなり申し訳ありません。
      もしまたブログで気になることがあれば、お知らせ下さい。よろしくお願いいたします。

      • 通りすがりの医療関係者 より:

        ブログ記事を訂正するつもりもないようですので、上記薬剤師ではないですがコメントします。
        インスリン患者がくれくれいうブドウ糖は、インスリン患者の為の無料のものではありません。
        砂糖でもファンタグレープでも良いのに、何故ブドウ糖をもらうのですか?
        薬局があげると言うからですか?
        6月以降も記事を全く訂正しませんね?
        このコメント欄を見ない方は無料でもらえると思ったままですね。
        通りすがりの薬剤師さんが詳細を書かないからですか?

        田舎ではブドウ糖を薬のメーカーに頼んでも当日に入りません。
        その間に低血糖症状が出て、ブドウ糖でないと症状が改善しない方が倒れました。
        幸い軽度でしたので、ご本人がブドウ糖が多いドリンクを購入することができ、事なきをえました。
        ブドウ糖はインスリン患者が持って帰ってしまったようです。
        インスリン患者にブドウ糖を渡すと言う事は、本当に必要な方に行き渡らず、必要な方に低血糖症状を起こさせる危険性が高い行動だと言う事を理解してください。
        すでにブドウ糖供給は制限かかりました。
        インスリン患者にブドウ糖を飲むなと言っているのではありません。
        低血糖症状は辛く、速攻性のあるブドウ糖は必要だと思います。
        ただ薬局にあるブドウ糖は、必要としている方の物だと言う事は理解してください。
        きついことを書きましたが、多分訂正されないままだと思いますのでこのままコメントします。

        • 通りすがりの一般市民 より:

          この記事を読んで薬局行ってくださいって言ったって、薬局が「あげません」って言えば済む話しでしょ。ここで記事を訂正させるんじゃなくて、関係者がしっかり「インスリン患者にはあげれないんです」って周知徹底すればいいのでは。
          いちいち個人のブログにコメントするなんて医療関係者もヒマなんだね。
          その時間でブドウ糖は上げないよってポスターでも作ればいいのでは?w

  5. アマデウス より:

    最近はグルコレスキューがほとんどですね。
    一年で10ケース(50個)購入します。
    夜中に低血糖で目が覚めたときとりあえず2つほどチューとね。(追加あり)
    いわゆる1単位かな。(2単位飲め!という説もあり)
    血糖値は45から朝に、70前後にUPしてますよ。
    枕元、外出時のバッグにはいつも持参してます。

    さて?
    去年、大阪マラソン走りましたが、教えられたとおり
    朝の血糖値200に上げ、その後スポーツジェル(ランニング専用で1個150キロ
    カロリー、デキストリンなのでゆっくりブドウ糖化)4個消化で完走しました。
    終了後に血糖値300くらいにUP。
    コレはエイドテーブルで食べ物をとったりしたせいですね。(取らなければ200?)
    念には念を入れてグルコレスキュー5個ほど持参しました。
    ですから走るときには大きめのポーチで格好はよくないです。

    さてこれから注文しますかな。

    • さよ さよ より:

      アマデウスさん、こんにちは(*´▽`*)グルコレスキュー、便利ですよね。何より美味しい。
      マラソンされているなんて、かっこいいですね!私は長い運動するたび、低血糖&高血糖が怖いです(*´▽`*)
      すごく計算して参加されているんですね。完走おめでとうございます!

      私も荷物が多くなりがちです。ブドウ糖とグルコレスキューは全部のバッグに入っています。
      これからもお互い頑張りましょう(^^♪

  6. ちくてつです より:

    私は、天然の蜂蜜、扇雀飴のゆずバージョンです。
    1こなめると1型の私の血糖値を15くらいあげてくれます。
    しかも、美味。
    安価。
    Amazonで買えます。

    • さよ さよ より:

      ちくてつさん、こんにちは。一緒にポチッとすればよかったです(笑)たとえ低血糖でも、上げすぎないことが大事なんですよね。私はブドウ糖だと、数時間後に響くこともあります。安くて美味しい、良いですね。オススメありがとうございます♪ヽ(´▽`)/